(財)和敬塾東寮

建設地:東京都文京区
用途:学生寮
施工:戸田建設
敷地面積:21,364.31㎡
建築面積:613.77㎡
延べ面積:2,350.78㎡
構造規模:鉄筋コンクリート造/地上4階

(財)和敬塾は、地方から東京の大学に進学する男子大学生を対象に、寝食風呂の共同生活によって人間形成に寄与するべく昭和30年に設立された財団です。都心では貴重な樹木の多い恵まれた環境の中に新旧4棟の寮が点在し、この東寮には104人の男子学生が共同生活をします。 敷地内には保護樹木に指定される巨木が多く、建築の位置、大きさ、雁行はその樹木を避けるために決定されました。ここでは、従来の学生寮のような孤立する個室ではなく、ゆるやかに関係する共同生活が意図されています。拡大した中廊下とそれを囲む個室群を連続感のある空間とするため天井を連続させ、必要なプライバシーを守ったうえで仲間の気配が感じられる開口部を個室と中廊下の間に設けました。また外断熱工法とOAを熱処理して各階床下から各個室に常時吹込む空調方式により、温度変化が緩やかで外気温度の変化に追随しない熱環境的にも一体の空間をつくりました。避難用バルコニーは熱橋防止のためキャンティ梁で持ち出して外壁との間に隙間をつくっています。 厚肉ラーメン構造にカーテンウォールパネルとサッシを外付する外断熱工法で、面積当りの収容人員を重視した蜂の巣状の集住体としては透明感のある建築になりました。特に夜景では学生達の生活がドールハウスのように溢れ出て楽しい雰囲気です。

写真撮影:Koshimizu Susumu